FC2ブログ

佐渡ヶ島の纏~まとい~

佐渡情報,店舗情報,各地出店イベント情報

やっと・・・

年末の12月が過ぎ,今年も静かな新年を迎えることができました。

12月と言えば 実父の命日月でもあり,また私を可愛がってくれた祖父の命日月
そして私の第二の母と言っても過言ではない人の命日月でもあり,毎年12月は 私にとってはとても嫌な月です。

そして亡くなった人が絶った時からの歳月は,それはそれはとても速く感じますね。

私を本当の娘のように可愛がってくれた 第二の母Mが無くなって今年で丸9年(数え10年)。
今でも あの日の事はハッキリ覚えています。

そしてMは,誰からも好かれ 面倒見はよく 困ってるヤツらには 自分の子供のように
家に呼んでは 温かいご飯を食べさせてた・・・
お金に困れば 自分も大変なのに笑顔で貸してあげてたり・・・『なんでそんな事が出来るのだろう』
そう思いながら私はそんなMの姿を傍で見てた。
そんな性格がまた,私の実母にそっくりで 会った時から他人のような気は全くしなかった。

そんなMだったけど,自宅で突然倒れ半身不随となり車椅子での闘病生活を余儀なくされ・・・
それでも 毎日笑顔で元気に振舞っていたっけ。

でもそれは長くはなかったんです。 
追い打ちを掛けるかのように 子宮癌が判り,余命半年と告知されました。

私はその間に,出来ることをしようと思った。
これまでMと長らく付き合いが合った人や,間違いなく可愛がってきただろう人たちに隈なく連絡を入れた。
最後に逢ってあげて欲しかったから。

でもその時,人って本当に冷酷だと知りました。

Mにあれだけ何から何までお世話になってなのに!!
みんなお見舞いの一つも行ってあげてない。
最後,私は Mの親族から連絡をもらい 最期を見届けることとなるのですが,その後の告別式にも関係者誰一人として
来てる様子はゼロ。

後々,『行ったって仕方ない』 『そこまでの付き合いはしてない』 等の声を私は耳にするわけですが・・・(怒)
どの口がそんなセリフを言ってるのか?!

父が亡くなった時にも・・・
金が無いから そんなもん行かん、と言っていた話も 後日知ることになり 怒りは爆発寸前でしたね。

人って,こんなに冷たいものなのでしょうか。
こういう話は,私に限らずあるだろうけど,人付き合いは金の問題ではない。

当然,これら当事者たちとは あれ以来 一切ノータッチ。
私は完全無視です。

毎年12月になると,こんな事柄を思い出し 腸綿が煮えくり返る思いになります。






Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する